ブログを始めてみたけれど・・・

ただのオッサンのひとり言が多いです

脱初級者への道

久し振りに雪かきをした。

何週間ぶりだろう。年末に雨が降ったり暖かい日が続き、多分2週間以上やっていないと思う。体がすっかりナマってしまった。

爆弾低気圧の影響で道内でも大雪のところがあるのだが、滝川はそれほど降らず今回は楽ができた。そろそろ雪との本格的な格闘が始まるかな。


腕自慢の問題のいい解き方はないかと調べたら、私が考えたのは去年の優秀作品に似ていたり、日経PC21誌のホームページに載っているヒントと同じだったりで、ガッカリした。

「優秀作と似ていて・・・」と言うのは、けっこう斬新なアイデアと思っていたのが既に昨年使われていて、なおかつ優秀作の方が洗練された使い方をしているということに自分の未熟さを感じたわけで・・・

風呂に入っている時も、糞しているときも考えたものだったが、所詮この程度ということ。ヤッパリ普段使わないから、画期的な方法なんてなかなか思い浮かばないな。

タイトルは、解答のアイデアをいつも考えていたら夢の中にまで(Excelのワークシートが)出てきて、夢では「これだ!」というのが閃いた感覚があるのだが、起きると何も覚えていないという悲しい話?から。G・リンチ元気かな?

なんとかいいアイデアが無いか、もう少し考えてみよう。あと夢の中で思いついたアイデアを忘れませんように(「思いついた!」という夢を見ているだけという気もするが・・・)。

昨日あたりは胃の調子もよく、「完全復活」と思っていたのに、今朝はまた胸焼けがするというか、何ともいえないムカムカ感がある。

相変わらず晩酌をしているが、胃のことを考えて量は控えているんだけどな。連休中様子を見て、変わらないようなら病院に行くか。


「腕自慢の問題できた」と書いたが、昨日の夜見直してみたらQ2はなんともややこしいことをしている。普通に解いても賞をもらえないので多少トリッキーなことをするのだが、楽に歩ける道を、荷物を背負って遠回りしているだけという感じがした(この表現も意味不明だが)。

説明するのもややこしそうだし、説明したところで「で?」と言われそうな解答。パッと見ではかなり意味不明の数式になっている。時間あるし別の解法を考えてみるか。高校時代数学は追試の常連だったからな。もう少し勉強しとけばよかったよ。

年末から取り組んでいる腕自慢(日経PC21表計算大会)の問題がとりあえず出来た。Q3にちょっと苦労したが、何とか正解に判定されると思う。

で、賞の獲得が目標だがハッキリ言って平凡な出来だ。例年どおり普通に関数を組み合わせて解答しただけ。ここ数年は受賞作を研究することも無く、進歩はまったくない。アイデアも出ないし、今回もダメだな。正解者として名前が表示されるだけでよしとするよ(去年も書いたっけ)。



↑このページのトップヘ