ブログを始めてみたけれど・・・

ただのオッサンのひとり言が多いです

bぇんでrメモ

そういえば昔そんなことをしていたな。


「POV-Ray」という検索ワードで訪れた人がいるようだ。たしかにかつて使っていたが、参考になるような記事はないと思う。申し訳ない。

でもPOV-Ray使っている人まだいるんだな、と思いつつ自分が過去に作ったのを見てみたら出来はともかく「面白いCGソフトだよな」とは思う。

今や高機能なフリーCGソフトがあって同じようなことを簡単にできるかもしれないが、POV-Rayのこういう仕上がりはけっこう秀逸では?
sample3-1
建物は私がメタセコイアで作ったものでどうでもいいが、空と水面はPOV-Rayの設定で勝手にやってくれるので素人でもこれくらいはすぐに出来る(建物と雲の大きさがアンバランスだけど)。と言ってもすっかり忘れてしまってどうやったか覚えてないけどね。アイデア次第では簡単に面白いものができるかも?

ただPOV-Rayの難点は、画面上でモデリングするのではなく、テキストでデータを設定したものがレンダリングされてCGになるので、いちいちレンダリングしないと出来が分からないこと。

球体一つ置くのにも数字で大きさとか位置を指定しなければならないし、色や表面の仕上がりも設定をテキストで指定する。

テクニックを磨けば要領よくこなせるかもしれないけど、慣れるまでかなり大変です。ま、根気よく粘れるか、意気込み次第ですね。

そんないいような悪いようなPOV-Rayですが、現在は開発が止まっていて今後も改良、より使いやすくなる見込みは無いようです(他のソフトと組み合わせて使いやすいように改良、なんてことは有志が行なっているかも)。

3DCGでついでに書けば、以下はBlenderというフリーソフトで私が作ったもの。
TublarBells-10
Unplayable12
 Blenderはソフト上の画面でいろいろな形をマウスでクリック・ドラッグして作れるので、複雑な形も(POV-Rayに比べれば)簡単に作れます。修業次第ではアニメーションなどの動画も作成できます。

ただ、元々Windows用のソフトでないんだったかな?メニューその他の表示が独特でWindowsユーザーは戸惑います。あと海外製のソフトなので日本語に対応しておらず(一部メニュー等を日本語表示にすることは可能)、保存するときのファイル名など制限される場合があります(今は改良されているかも。アッ、POVもメニュー等英語でした)。

それにフリーソフトだけど非常に高機能でいろんな設定ができるし、しなければならないのですがパラメータの名前が英語なので「なにがどう変わるのか」分からず、設定を変えて変わりすぎたり全然変わらなかったりします。

変わるといえば有志による開発が活発で、最新のBlenderはかつて私が使っていたバージョンとユーザーインターフェイスが変わってしまい、これでまた戸惑う、なんてこともあります。使ってなかった自分のせいですが。

そんな厄介な面もありますが、本格的な3DCGを作りたいなら挑戦する価値はあると思います。


なんて、3DCGソフトのことをもっともらしく書いてきましたが、3DCGというものに興味を持って始めたのは「メタセコイア」が最初でした。

日本の方が個人で制作、提供されているフリーソフト(高機能なシェアウェア版もあり)なのでまずは使いやすいし、学習するためのWebページも豊富と思います(私は本を買って勉強したので断言はできない)。


「POV-Ray」のワードでこのブログを訪れた人は、「ヘルメット」というワードとあわせて検索していたようです。

おそらくPOV-RayでヘルメットをCGにしたいがテキストデータでヘルメットを作成するのは大変。手っ取り早くそれを公開しているWebページは無いだろうか?

そんなデータが見つかったかもしれないけど、POV-Rayで複雑な形を作成したい時、メタセコイアでモデリングしてそれをPOV-Rayで読み込んでレンダリングする、なんて方法があります。もう忘れてしまいましたがそれほど難しくないはず(私もやったことがある)。

ケースによりますがその方が簡単かも?


実はまた3DCGやってみようかな、と思っていた。そんなこともあって長々と書いてしまいました。

POV-Rayインストールしようかな?

今日現在SVN版は6/11のものがアップされてますが、どれを使ってもやっぱり反応が鈍いです。いつかのやつはずいぶん改善されてた気がしたんだけどな〜、気のせいだったのか?PCとの相性とかあるのか?

オブジェクトの色を設定するのにももたつくので、作業がぜんぜん進みません(特に何か作っているわけではないけど)。

当面は2.45を使うことにします。ひまを見てオフクロのXP機で2.46を使ってみて、必要な機能があればSVNの2.46を使う、ということで・・・


と言っても、なんだかやる気がさっぱり出ない(飽きたか?)のでしばらく放置することになるかも。

我が家のXP機のver2.46はYafRayが強制終了してしまうのだけど、そんなの私だけなのだろうか?いっこうにそんなトラブルの話が聞こえてきませんね。私はあまりYafRayを使わない(いろいろとややこしくて)のでいいけど。

因みにWin98で2.46SVN版(また新しくなっている)とYafRayの組み合わせだと普通に動いたりする。なんと皮肉なことか。


一応Yafでレンダリングしたもの(ファイルは古いバージョンで作成)。
yafray-test

前回、タブコントロールなどをクリックした時の反応が鈍く「(反応が)遅い!」と書いたのですが、改良された次のファイルが用意されてました。

最初にダウンロードしたのは「win32blender080602.exe」だったのですが早くも「win32blender080605.exe」というのにバージョンアップ?されたみたいです。

私のような反応に対応したのか、他の修正によってたまたま改善されたのか分かりませんが、前のと比べたらかなり良くなったなったかな?という気がします(確実に反応早くなりました。あと画像サイズの変更もできるようになりました)。

レポートに応えて一生懸命改良に取り組んでいる人がいるということですね。私も不具合の発見くらいはできるけど、いかんせん語学力が乏しいので・・・

益々改良されることを期待しつつ、感謝して使わせてもらいます。



もし私のような環境(Win98やMeで2.46を使いたい)で困っている人は、コチラの「win32blender******.zip」(*は日付と思われる数字)をダウンロードして使ってみる、というのはどうでしょう?方法は最近の投稿にあります。

※私の書いた方法で2.46を使ってパソコンが不具合になったり、自己の.blendファイルが損傷しても責任を一切負えませんので使用には注意してください(一応こんなことも書いておく。参考にする人は殆どいないだろうけど)


ターンテーブルのドットマークが欠けてしまいました。どうして?
by 2.46**
















とりあえず過去に作ったものを2.46でレンダリングしようとしたら・・・

お、遅い!

というのはレンダリングでなく反応が。パラメータを変更しようとクリックしても値を入力できるのに2、3秒かかることがある。あと一部ファイルで画像サイズを変更したら4にしかならないとか(640と入力しても4になる)。

これは最初から2.46で作れば違うかもしれませんが、反応が鈍くて時間がかかるのはちょっと我慢できないレベルかも。

早くも2.45に戻そうかと考え始めました。
テストBlender


















※追記 Win98 & 2.46(SVN版) という私の環境での感想です。6/5 22:24

私だけかと思っていたら、やっぱり2.46はWin98&Meでは起動しないそうで、Blenderの公式サイトにニュースとして紹介されていた。

で、リンクをたどっていくとBlenderNationで「ここでなんとかなるかも?」というリンク先にファイル(SVN サブバージョン?)が用意されていたのでダウンロードしてみた。

解凍すると通常のBlenderとは違うアイコンのexeファイルだけがあり、どうやらそれを本来のblender.exeと置き換えると起動できるみたい。

参考までに
通常のインストール先(Win98の場合)であれば、C:\Program Files\Blender Foundation\blenderにあるblender.exeをリネーム(xblender.exeとか。別フォルダに移動、削除してもいいかもしれないけど一応残しておく)してから、先ほどダウンロードしたSVNのファイルをblender.exeにリネーム(元のファイル名はwin32*****blender.exeみたいになっているはず)してC:\Program Files\Blender Foundation\blenderに移動すれば終り。

2.46ゲッツ!


















よく分かりませんが、オリジナルのBlederに独自の変更を加えて開発しているプロジェクトがあって、そこではWin98&Meでも起動するようにMSVC++でビルドしたということのようです。SVN版というのがあるらしいのは知っていましたが、こんなことでお世話になるとは思いませんでした。とりあえず使わせてもらいます。

まだ殆ど使ってませんが、タブやメニューセレクトの反応が鈍いなど(マシンパフォーマンスの問題か?)、不安定な面もあります。スプラッシュの下に書いてあるとおり、自己責任でさぐりさぐり使ってみます。まずは、今までに作ったのがレンダリングできるかどうか試してみよう。

うすうす感づいてましたが、いまどきWin98でBlenderを使おうなんて人は殆どいないと思われ、いまだにこの組み合わせで「使えない」とか「対処法は」なんて情報も無く、2.46を使えないでいる(オフクロのPCには入っているんだけど)。

どうせたいしたものは出来ないし、2.45でシコシコとやっていくかぁ〜

Blender2.46がリリースされました。最近使ってませんが、どんなものかと早速ダウンロードしてインストールしました。

で、起動しようとしたら「Windowsのバージョンを新しくしろ」というようなメッセージが出て強制終了してしまいます。対応OSには98(まだ98SEを使ってます)も表示されているのですが、私のPCでは動きません。とうとうBlenderにも見放されてしまうのか?

因みにオフクロのXP機にもインストールしましたが、こちらは起動するけどYafRayでレンダリングしようとするとやはり強制終了してしまいます。YafRayは使わなければいいだけなのでいいけど、なんだか納得いきませんね。

バグとは考えられないし、インストールの仕方が悪かったのでしょうか?しばらく様子を見ることにします。

普段字を書くときに万年筆使いますか?

よろしければこちらをどうぞ・・・
080412




















婆ちゃんのことを心配しながら、ちまちまとBlender修業。以前、雑誌の広告で目についた写真(?)の再現を目指す。

ペン先意外は難しいモデリングは無し(時間かけたけどペン先が変です)。やっぱり苦労するのはライティングやMaterialの設定。

前回マテリアルの設定値をメモしたけど、実はあんなの殆ど意味ナイ。ライトの種類とか位置とか数とか、描きたい状況とかでケースバイケースです。なので、結局何回もレンダリングすることになります。満足いく仕上げになるまで人間辛抱です。気ぃ長くなるよ〜

多方向から光が当たるようにライトを設置したり、光の強さを調節したり、更にレフ版?様のものを用意したりといろいろ試行錯誤しました。で、その都度レンダリングして、いい加減いやになりました。修業のための習作としてはこれでひと区切り(修業になっているのか?)。

Blenderメモとしては・・・?何も無いな。ま、根気のいる作業だけど、まずは何回もレンダリングして理想の仕上げを求め、かといって適当に設定を変更するとベストの設定値が分からなくなるよ、ということで。


因みに、参考にした写真の万年筆は「rotring(ロットリング)」というらしいです。製品名か会社名か分かりません(問い合わせ先が書いてあるけど、rotringではない)。2、3年前の広告では1050円ということです。欲しい人は自分で探してください。

080409












Red Min(Ref 0.8 Dark 0.8) Toon(Spec 0.75 Size 0.1 Smooth 0.25)

Green Lamb(Ref 0.8) Ward(Spec 0.1 Rms 0.05)

Yellow Lamb(Ref 0.8) Cook(Spec 0.5 Hard 180)
          Mirr(0.1 0 1.25) Trans(1.5 0 1 1.5 1.25)

Purple Min(Ref 0.6 Dark 0.7) Cook(Spec 0)

Mirror Lamb(Ref 0) Blinn(Spec 2 Hard 230 Refr 3.73)
          Mirr(0.8 1.1 1.25)


って、メモしておこうかと思ったけどかなり面倒くさいな。Pythonでパラメータをテキストファイルに書き出すとかできないのか?

いよいよメンドクサイナ。快心の仕上がりになった時だけメモするようにしよう。いつもいきあたりバッタリなので。

今回のは快心ではないけど、こんな感じということで・・・(次は無い気が猛烈にしてきた)

↑このページのトップヘ